完全予約制
月曜日—木曜日 午前7時から午後6時
ランチ休憩 午後12時30分—午後2時30分
電話:415 391 6582
急患:時間外受付は電話でご連絡ください

keys: countryName : United States keys: country : US keys: regionName : New Jersey keys: region : NJ keys: city : Woodbridge keys: postalCode : 07095 untarget match

Back to Listing

What is Preventative Dentistry

予防歯科について

予防歯科とは歯の健康管理を的確におこなうことにより口腔保健を推進する予防技術の一環で、齲食や歯周病をはじめエナメル質摩耗症などの疾患に対する予防措置としても有効性が実証されています。

予防歯科には数々の方法が取入れられており、毎日の歯磨や定期的歯石除去などもこれに該当します。こうした習慣は清潔で丈夫な白い歯を確実に維持するために工夫された予防法の一部で、早い時期から幼児に正しい口腔ケアの習慣を身に付けさせることが口腔保健の根幹をなす要素となります。

予防歯科で第一に取上げられるのは、American Dental Association (ADA:アメリカ歯科医協会)承認フッ素入り歯磨剤を使用して毎日歯磨きを欠かさないことです。

そして歯ブラシは一年に3回から4回の頻度、もしくは毛先がすり減ってきた時点で交換することをお勧めします。

デンタルフロスも歯磨と同様に不可欠な予防法です。デンタルフロスは歯間のタイトな空間清掃にきわめて効果を現します。なお矯正治療中はメタルブラケット装置間にスレッダーをくぐらせる方法でデンタルフロスを使用してください。

上記に加え定期的歯石除去と歯科医による定期検診は、口腔内健康に支障が生じた場合にも、早期発見に続く迅速で的確な治療で完治に至る可能性を向上します。定期検診は最低年1回受診し、歯と歯茎の健康診断を心がけてください。

バランスの取れた食餌も歯の健康を左右します。口腔保健を維持するために必要な栄養分を充分に補給してください。

予防歯科の効果

正しい口腔ケアを習慣的に実践することで、齲食や歯肉炎のほかエナメル質損失または歯周炎発症を完全に阻止、もしくは発症した場合にも軽症にとどめることができます。

予防歯科のメリット

予防歯科はあらゆる人に漏れなくメリットをもたらします。幼児の場合は殊の外メリットが高く、丈夫で健康な永久歯形成の不可欠要素になります。予防歯科は高齢者にもメリットを発揮し、天然歯温存に決定的役割を果たします。

また口腔内は有害なバクテリアの温床であるため、口腔保健は全身の健康にも深く関連します。口腔内を常に清潔に保つことは、健康全般に有益であることは既に裏付けられています。

予防歯科のメリット具体例

正しい口腔ケア習慣は齲食や歯肉炎に加えエナメル質損失、または歯周炎発症などに対するリスクを大幅に低減します。結果として口腔内疾患によって誘発される二次的疾患発症リスク低減にもつながります。

Back to Listing

SFDS Member

CDA Member

ADA Member

UOP Alumni